リフォーム用語集「う」

ウインドウボックス
窓の外側に設置した箱型のコンテナ。ヨーロッパでよく見られます。

ウエスタンレッドシダー
米杉・カナダ杉。日本の桧の仲間で軽く軟らかで、木目がまっすぐ、耐久性・耐候性に優れ腐りにくく、虫害に強い。

ヴェネチアンガラス
13世紀前から続く伝統ある技術でつくられたガラスのことを言い、ベニス政府が力を入れ、イタリアのムラーノ島に職人(マイスター)を集めて開発されたもの。

上向き取付可能型
ブラケットなどの器具で取付方向を上向きに取付ても問題ない器具。この指定の無い器具を上向きに取付けた場合、異常加熱などが発生し危険。

ウォーターガーデン
池や川、噴水など水のある景観と水生植物を楽しむ庭。

ウオーターフォン
水を入れておくボトル容器(圧縮ポンプ)。

ウォール
壁などの垂直な面。

ウォールウォッシャー(ダウンライト)
照射対象である壁面を効率よく照らす為に、配光設計された器具で、空間を明るく、広く見せる場合に使用されます。

ウォールガーデン
建物の壁など垂直の空間を利用した庭。トレリスなどを用いてつる性植物をからませると効果的。

ウォールキャビネット(吊戸)
高所取り付け収納。奥の物を取り出しやすいリフトダウン収納が人気。

ウォールスタンド
壁面の照度を確保する目的で作られた据置型の照明器具。

ウォールスポット
壁面を出来だけ均一に照らすことを目的に配光設計されたスポットライト。一般的には矩形(くけい)配光のものが多い。

内玄関
家人など内輪の人が日常出入りする玄関。現在では玄関の内側を指す。

打込障子
普通の上張り障子の一部にガラスをはめ込んだ障子で、ガラス障子ともいいます。

内法
柱など部材間の内側の寸法(外逃げ 等とも)

打ち水
温度を下げたり、湿度を上げたりするために鉢植の周囲に水をまくこと。

うづくり仕上げ
木材の年輪や木目を人為的に浮き出たせる仕上方法で、木材の表面をブラシや砂などによて磨きけずる。

ウッドチップ
木材を細かく刻んだもので、マルチングや舗装などに使用します。

映り込み
ガラスなどの光沢のある内装仕上げ材などの表面に、照明器具などの発光体が反射して見えること。特に、コンピューターのモニターに照明器具が映り込み視環境に影響を与える可能性があります。


土壌の水はけをよくするために土を盛り上げることがあります。その盛り上げた部分のことを畝といいます。


長い材の切断や加工の時、作業しやすい高さで支える為の4本脚の台。

埋込穴径
ダウンライトや埋込み型器具を取り付るために天井にあける穴の大きさ。

埋込み器具
建築物に一部または、器具全体を埋め込んだ照明器具。

埋込みローゼット
住宅用配線器具。マンション等などで主に使用され、簡易取付式金具を簡単に取付けられます。

埋込高
ダウンライトや埋め込み型器具を取付る時、天井内に入り込む高さのこと。

裏庭
うらにわ →バックヤード

ウレタン
その種類は非常に数多くあり、一般的に耳にする発泡ウレタンは、化学物質であるイソシアネートとポリオールが結合した状態のものを指す。

ウレタンフォーム
ポリウレタン樹脂を主成分とし、発泡させたスポンジ状のもの。軟質ウレタンフォームは、椅子張りのクッション材として最も多く使用され、硬質ウレタンフォームは、断熱材や塗料として多く用いられています。

トピックス

コラム

リフォームは一般的には、近在の信用できる工務店を中心にした業者に内容を打ち合わせ、積算、見積もりをもらって工事を依頼することになると思います。基本的に一品物対応になるため部材の価格は比較的高めになってしまい、また、現物合わせの作業を精度良く行うために「職人の技」と呼ばれるような熟練作業が必要となりため、小規模な改装であっても意外に高くつくことも多いのが現状です。

例えばユニットバス取り付け工事では、ユニットバス自体は工業量産品のため価格は明瞭であるが、それを現物合わせで取り付ける作業は意外と手間取り作業費がかさむことも多くなります。熟練の大工さんなどの個人業者では、ユニットバス自体を定価で見積もりユニットバス販売である程度の利益を見込んでいるので、作業工数が予定をオーバーすることがあっても、きっちり仕事をして貰えることが多いのでしょう。

工事会社は、費用負担の最も多い設備機器等に利益を載せるケースが多いため、最近では施主が材料を安価で調達し、工事会社へ支給する「施主支給」というシステムを利用し施工するケースも増えてきています。

なお、住宅リフォームを行う場合、築年数やリフォーム業者、リフォーム内容など、条件によっては自治体から補助金が支給される場合があるのをご存知ですか?リフォームを検討している場合、自治体(市役所)に相談すると良いでしょう。