リフォーム用語集「ち」

チェーン吊り
ちぇーんづり 吊り下げ型の照明などで、チェーンで吊られるタイプ。装飾的や重量などでチェーンが採用されています。

蓄光スイッチ
蓄光材料をON/OFF操作部に塗装したスイッチ。暗所でも光って見えるので操作が可能。

蓄光塗料
蓄光顔料を含んだ塗料。

蓄電池
充電器を使用して消耗した電力を充電できる電池。

地中埋込み灯
土中やコンクリートなど地中面より下に埋め込んで使用する照明器具。その強度によって、設置場所が設定されているので注意が必要。強化ガラスなどによって覆われているが、施工方法や重量物に耐えるか確認して器具を選ぶことが重要。

チップソー
刃先に硬質チップを使った丸ノコ、テーブルソーなどの刃の事。

千鳥配置
照明器具の配置などで左右交互に配置すること。

中角
スポットライト等において、狭角と広角の照射範囲の中間に位置する照射角で設計されたのもの。

中間スイッチ
電源コードの中間に取り付けられたスイッチ。

調光器
主に、白熱灯などフィラメントへの通電による、発光現象を利用した光源の明るさの調節に使用する装置。蛍光灯等への使用は、光源の発光原理の違いにより専用のシステムが必要。

提灯
竹ひごを輪にして重ねた表面に和紙や布を貼り、中に光源(ローソク)をともす。コンパクトにたためる。

蝶ネジ
ネジ・ナット頭部に蝶の羽型の部分を設け、手動で締付けできるネジ。

蝶番
開き戸、開き窓・障子などの開閉の軸となる金物。一片を建具に、他の一片を枠に取り付ける。「ちょうつがい」とも言う。

直接光
ランプから発生する直接の光り。

直流電流
流れる方向が一定の電流。乾電池、バッテリー等。

トピックス

コラム

リフォームは一般的には、近在の信用できる工務店を中心にした業者に内容を打ち合わせ、積算、見積もりをもらって工事を依頼することになると思います。基本的に一品物対応になるため部材の価格は比較的高めになってしまい、また、現物合わせの作業を精度良く行うために「職人の技」と呼ばれるような熟練作業が必要となりため、小規模な改装であっても意外に高くつくことも多いのが現状です。

例えばユニットバス取り付け工事では、ユニットバス自体は工業量産品のため価格は明瞭であるが、それを現物合わせで取り付ける作業は意外と手間取り作業費がかさむことも多くなります。熟練の大工さんなどの個人業者では、ユニットバス自体を定価で見積もりユニットバス販売である程度の利益を見込んでいるので、作業工数が予定をオーバーすることがあっても、きっちり仕事をして貰えることが多いのでしょう。

工事会社は、費用負担の最も多い設備機器等に利益を載せるケースが多いため、最近では施主が材料を安価で調達し、工事会社へ支給する「施主支給」というシステムを利用し施工するケースも増えてきています。

なお、住宅リフォームを行う場合、築年数やリフォーム業者、リフォーム内容など、条件によっては自治体から補助金が支給される場合があるのをご存知ですか?リフォームを検討している場合、自治体(市役所)に相談すると良いでしょう。