リフォーム用語集「た」

ダイオキシン
ポリクロロジベンゾジオキシン(PCDD)の俗称,また特にその中の 2,3,7,8-テトラクロロジベンゾパラジオキシン(TCDD) C12H4O2Cl4 のこと。毒性が強く分解されにくい化合物で,皮膚・内臓障害を起こし,催奇形性・発癌性があるものが少なくない。除草2,4,5-T などの分解で生成するといわれ,都市のごみ焼却の灰,製紙の汚泥,自動車の排ガス中に見出されており,環境汚染物質として問題となっています。ジオキシン。PC。

ダイクロイックミラー
ガラスや金属、耐熱用プラスチックを基板に多層膜コーティングと赤外線反射膜を施したミラー。ハロゲン電球用スポットライトに多用されています。ミラーは特定の波長を透過させたり反射させたりすることが出来るため、カラー照明や高色温度照明をも可能にします。また熱線の80%以上をミラー後方に逃がすのも大きな特徴である

ダイクロハロゲン球
ダイクロイックミラーを採用したハロゲン球。ダイクロイックミラーにより可視光を前面に制御し、熱線の約80%を背面に逃がし放熱を押さえる事が可能になっています。商業施設等に適したランプ。

耐候処理
太陽光(紫外線・赤外線)や雨、風など気候、天候による劣化を防ぐために施される処理、塗装など。

台所カウンター
対面式キッチンの、キッチンの反対側に取り付けられるテーブル。ダイネットカウンターともいいます。キッチンセットと同じレベルに大きなダイネットテーブルを設けるタイプと、キッチンセットの高さより低い位置に台所カウンターを取り付けるタイプがあります。

ダイニング・キッチン
台所と食堂の機能が一室に並存している部屋のことをいいます。略して「DK」ともいい、この形式をもった住宅をDKタイプといいます。

対面キッチン
流しやレンジが食堂や居間に向けられて配置されているキッチンのこと。料理を作っているときや、後片付けをしながら家族とおしゃべりをするなど、貴重なコミュニケーションタイムも増えることなどが利点であります。

太陽電池(セル)
太陽エネルギーを電気に変換できるシリコンなどの半導体。セルの大きさによって数Wの家庭用庭園灯から公共空間にも使える数十Wの街路灯が現在市販されています。配線の困難な場所に有効。太陽電池システムは、太陽電池と、電圧の安定を図るバッテリー、そして直流を交流に変換するインバータから成る。

大理石のし台
生地をのすのに使う台。石のため生地が温まりずらく、くっつかない。

ダウントランス
電源より供給される電圧をさげる電圧変換装置。

ダウンライト
天井内に埋め込むタイプなので、器具が表に出ず、補助照明としてすっきりとした有効な演出が可能です。配光制御を重視した照明器具です。

多機能シャワー
水道水の残留塩素を取り除く浄水シャワーや、香りのリラックス効果、水圧によるマッサージ効果、また水を節約する省エネタイプなどがあります。シャワーヘッドの交換により利用可能であるが完全に機能を働かせるためには十分な水圧が必要であります。

タコ
土の突き固めに使用する用具。短く切った太めの丸太に把手をつけた形状で、一人または二人が人力で使用します。また、ガラス工事で大型のガラスを設置するときに用いる吸盤型も「タコ」と呼ばれることがあります。

タスクライト
作業環境照明。OA化など作業(タスク)形態の多様化によってさまざまな作業に対応できる照明環境が望まれています。環境照明(アンビエント照明)と上手く組合せて最適化をはかります。

打設
建設現場で、生コンを流し込むこと。

ダックワース型
だ円形の穴があいたゴム板で、生地をすりこんで型取りをします。

タッチスイッチ
軽く触れるだけで、照明器具のON/OFFを行えるスイッチ。

縦向取付可能型
縦向きに取り付けが可能であるタイプ

棚仕立て
棚を作り、そこにつる植物をからませて花や果実を鑑賞する仕立て方。フジやキウイ、ブドウなどに用いられます。

棚下取付型
棚下に取り付けることが出来る照明器具。壁面取付け型器具に注釈として示されます。

ダメコン
コンクリート工事で、ほとんど完成しているが、部分的に僅かに手落ちや未完成の部分が残っていること、またその場所。コンクリートにかかわらずそういう場所は「駄目」と言われ、それを点検、見回ることを「駄目回り」、直すことを「駄目直し」といいます。

垂木
木造建築で屋根板あるいは屋根下地を支えるために棟から母屋・軒桁に掛け渡す材。松または杉が多く、住宅では和小屋で母屋間隔90cmとして杉材4cmX4.5cm程度のものを45cm間隔に用いるのが一般的であります。

断熱・遮音施工
熱の伝導を抑え、且つ、音の進入、漏れを防ぐ施工。

段差の解消
床面や地面などの高低差が、高齢者や歩行困難者などの歩行困難や、つまづき、転倒事故等につながり、また車椅子の通行不能や困難をきたす為、歩道や建物内などで段差解消の措置を施す必要があります。段差解消の基本は段差なし(高低差が5mm以下)とすることであるが全てにおいて段差なしとするのは不可能なので、必要に応じスロープを設けたりの処置を施す。また駅などの階段等では無理なく通行するためにエレベーターや段差解消機(油圧ジャッキ等で一定面積部分を昇降させるパンタグラフ型とテーブル側面に取り付けた駆動部が一定面積部分を昇降させるフォークリフト型がある)や階段昇降機(固定装置不要で車いすごと搬送する可搬型と階段に常設されたレールに固定されているいす型とある)をおく場所が増えています。

端子
電線を接続する部品。

段調光機能
設定された幾つかの明るさを切り替えることが出来るタイプ。ステップ調光。

断熱構造
熱の伝導を抑える構造。

断熱材
熱伝導率の低い材料。

断熱施工
断熱材を使用した施工。

単粒構造
土の構造で、それぞれの粒子が独立しているもの。細かい粒の粘土は水はけが悪く、粒の大きい砂は水はけが良すぎるので、いずれも植物栽培にはあまり向かない。⇔団粒構造

団粒構造
土の構造で、細かい粒が集合して1cm位までの大きな塊になったもの。小さな粒間には水を含み、大きな粒間には空気を含むため、保排水性や通気性が良く植物栽培に適します。⇔単粒構造

炭素(carbon)
炭素族元素の1つ。元素記号 C。化学的に安定しており、通常の溶媒に溶けず、酸・アルカリにもおかされません。高温では燃焼して二酸化炭素となる。自然界では、岩石中に炭酸塩として、大気圏に二酸化炭素としてあり、また有機化合物の主要構成元素として生物体の重要な構成成分であります。還元剤や金属の精錬に用います。

ターンバックル
構造物の引き寄せジグ ワイヤ、番線などを張る時などに使用(ガードレールなどでワイヤーを張る時など)

単板積層材(LVL)
薄板を数枚重ね合わせ、加熱・圧縮して接着した強化木材。木材の不均一性がなくなり、伸縮・変形が少ない。積層板。

トピックス

コラム

リフォームは一般的には、近在の信用できる工務店を中心にした業者に内容を打ち合わせ、積算、見積もりをもらって工事を依頼することになると思います。基本的に一品物対応になるため部材の価格は比較的高めになってしまい、また、現物合わせの作業を精度良く行うために「職人の技」と呼ばれるような熟練作業が必要となりため、小規模な改装であっても意外に高くつくことも多いのが現状です。

例えばユニットバス取り付け工事では、ユニットバス自体は工業量産品のため価格は明瞭であるが、それを現物合わせで取り付ける作業は意外と手間取り作業費がかさむことも多くなります。熟練の大工さんなどの個人業者では、ユニットバス自体を定価で見積もりユニットバス販売である程度の利益を見込んでいるので、作業工数が予定をオーバーすることがあっても、きっちり仕事をして貰えることが多いのでしょう。

工事会社は、費用負担の最も多い設備機器等に利益を載せるケースが多いため、最近では施主が材料を安価で調達し、工事会社へ支給する「施主支給」というシステムを利用し施工するケースも増えてきています。

なお、住宅リフォームを行う場合、築年数やリフォーム業者、リフォーム内容など、条件によっては自治体から補助金が支給される場合があるのをご存知ですか?リフォームを検討している場合、自治体(市役所)に相談すると良いでしょう。