リフォーム用語集「そ」

ゾーニング
建物の平面計画や、都市計画でそれぞれの部分を用途や機能ごとに分類すること。

ソーラーパネル
太陽電池本体。

ソーラーユニット
太陽電池とバッテリーを内臓した装置。自動点滅機能、タイマー等の機能も付いています。

ソケット
光源に電気を供給する部品。

ソケットステー
器具へソケットを固定する取付支持具。

ソファ
2人もしくはそれ以上の人が座る、張りぐるみされた休息度の高い長椅子の総称。18世紀中頃に、セッティより座り心地がよく休息性のある長椅子としてデザインされたのがソファの始まりで、語源はアラビア語のsuffah(ラクダの鞍に用いるクッション)といわれています。19世紀によると、ソファはセッティに代わって愛用されるようになった。

ソファベッド
可変家具の一つで、長椅子とベッドの両方の機能をもつソファ。機構やデザインは多様であります。

ソフトスタータ
スイッチを入れてから徐々に明るくする機能。夜間のトイレなど急に点灯すると、まぶしく目に負担がかかるのを目が光に馴れるのに合わすので、とても目に優しい。

ソルトミル
岩塩引き、木製・アルリル等があります。

トピックス

コラム

リフォームは一般的には、近在の信用できる工務店を中心にした業者に内容を打ち合わせ、積算、見積もりをもらって工事を依頼することになると思います。基本的に一品物対応になるため部材の価格は比較的高めになってしまい、また、現物合わせの作業を精度良く行うために「職人の技」と呼ばれるような熟練作業が必要となりため、小規模な改装であっても意外に高くつくことも多いのが現状です。

例えばユニットバス取り付け工事では、ユニットバス自体は工業量産品のため価格は明瞭であるが、それを現物合わせで取り付ける作業は意外と手間取り作業費がかさむことも多くなります。熟練の大工さんなどの個人業者では、ユニットバス自体を定価で見積もりユニットバス販売である程度の利益を見込んでいるので、作業工数が予定をオーバーすることがあっても、きっちり仕事をして貰えることが多いのでしょう。

工事会社は、費用負担の最も多い設備機器等に利益を載せるケースが多いため、最近では施主が材料を安価で調達し、工事会社へ支給する「施主支給」というシステムを利用し施工するケースも増えてきています。

なお、住宅リフォームを行う場合、築年数やリフォーム業者、リフォーム内容など、条件によっては自治体から補助金が支給される場合があるのをご存知ですか?リフォームを検討している場合、自治体(市役所)に相談すると良いでしょう。