リフォーム用語集「か」

ガードプレート
防犯用品の一つで、外開きドアのすき間からデッドボルトが見えないようにする金具。外から見てドアのすき間からデットボルトが見えるドアはこじ開けやすく、鍵がかかっているかどうかも外から簡単にわかってしまう。ガードプレートを取り付けますと、デットボルトを隠し、こじ開けにくくなりる。

ガード用ルーバー
下面開放形の器具でランプの外的要因による破損を保護するルーバー。

カーポート
駐車場に、自動車に雨や雪があたるのを防ぐために設けられた屋根のこと。基本の型は片流れタイプが多い。

カールコード
収縮自在形コード。形状がらせん状にカールしています。

解体工
一般的には建替え、または新築工事をするときに、在来の建物を取壊す工事を行う作業者を指すが、型枠工事では、コンクリート打設後、十分な強度が発生した時点で、型枠をとりはずす作業を行う者を指す。型枠工ではあるが、一般には組立てを行う「型枠大工」とは異なり、現場では「バラシ屋」などと呼ぶこともあります。

階段通路誘導灯
階段踊り場に設置される防災用照明器具で避難上必要な照度が確保されると共に、避難の方向の確認(当該階の表示)が出来るようになっています。

階段ブラケット
階下や階上から見たときに器具内部の構造が見えないようランプを包み込んだ密閉タイプや荷物の移動時に邪魔にならないよう出幅の少ない階段に適したブラケット。

街路灯
ポールの先端に灯具をつけ、主に水銀灯等の放電灯を使用した防水型器具。

カウチ
休息用のラウンジチェアで、片側に肘掛けと背もたれがつき、体を横たえて使用できる椅子。寝椅子と同意語。古くは、背もたれが両側についていたものもあります。

カギと錠
両方を混同して使ってしまいがちだが、「錠」を開けるのが「カギ」、「カギ」で開けるのが「錠」が正しい使い方。英語では「LOCK:ロック=錠」でそれを開けるのが「KEY:キー=カギ」であるとはっきり区別されています。

拡散セード
光源からの発光を効率よく周囲へ拡散させるセード。

拡散ビボット
反射板などにおいて、光を拡散させる目的のために反射板表面に設けた突起。

額縁
窓・出入り口の枠と周囲の壁仕上げの見切りに取付ける材。

掛矢
杭などを打ち込む時に使う、樫などを材料として作られた大きな木槌の事。

笠木
フェンス、手すり、羽目板などの上部に乗せる材。

瑕疵
かし きず、欠陥。

瑕疵担保
請負契約において、建物等の契約目的物の完成引渡しに欠陥があった場合、請負者が注文者に対して負う保証のこと。なお請負契約で規定されている瑕疵は施工上のものであって設計上のものはふくまない。


先端をとがらせたコの字型のクギ。あくまでも補助具ですのでしっかりと固定する為にはより強度のある箱金物、短冊金物、羽子板ボルトなどを使用したほうがよい。

かすがい
丸鋼、角鋼、平鋼などの棒状の両端を垂直に曲げ、先を尖らしたもの。曲げた部分を爪、中央部を渡りといいます。木造の土台・軸組・小屋組などで、隣り合う二材に爪を打ち込み接合するのに用います。

ガス燈
ガスを燃焼させ炎がマントル(発光物質)に当たると発光する原理を利用した照明器具。電気式の光源が登場する以前は主にガス燈が利用されました。近年のレトロブームによってガス燈の雰囲気が見直され観光地などに設置されるようになりました。

ガゼボ
イングリッシュガーデンやオランダ庭園などで、周囲の風景を見晴らす為に設置される園亭。あずまや。

型枠
コンクリートを打ち込み形成するためのせき板と支保工より成る仮設の枠組。構造物の形状・寸法・位置を定めコンクリートが十分硬化するまでこれを養生する役割を担う。

活着
植え替えた苗や挿し穂などが、発根して新芽を伸ばし根付いて生育すること。

カットアウトスイッチ
舞台照明用装置。舞台の照明を集中的に消灯させるスイッチ。

カップリング形ジョイナー
配線ダクトレール用の電源端子付き連結部品。

家庭用サウナ
サウナが公衆から家庭へと普及し始め、それに伴い浴室シャワーなどを利用した小型軽量のユニットタイプのサウナが登場し始めた。また、顔を出したまま身体のみをサウナ状態にするタイプもあります。

可動横出しスイッチ
直付照明器具で壁スイッチを使用しない場合、照明器具本体より取り出し,スイッチとして使用でき、使用しない場合は、本体内部に収納できる。
鹿沼土 かぬまつち 栃木県鹿沼地方特産の火山灰の下層土で、排水性に優れています。

カバー
光源を覆う部材。樹脂で成形されたものやガラス製の物が有る。回転式/押え金具式/さしこみ式/引掛式といった取り付け方法があります。

カバーリング
ソファや椅子の本体に、上張りのカバーを着脱できるように縫製してかぶせるもの。カバーの取替えが容易にできるのが特徴。上張りのない本体をヌードと呼ぶ。

ガブリオールチェア
18世紀フランス、ルイ15世時代の小型の肘掛け椅子。張りぐるみがなされ、曲線を描いた背からのラインが肘につながった優美な形態の椅子。脚は必ずしもガブリオールレッグとなってはいないが、多くはこの脚が用いられた。

下方光束
照明器具の下側に照射される光束

下面開放型
器具の下面にルーバーやパネルなど覆いの無いタイプ。

鴨居
和風建築の開口部で内法高に入る横材。引き戸・引き違い戸を立てこむための溝が掘られます。指鴨居・薄鴨居・一筋鴨居などがあります。

ガラ
コンクリートやレンガなどを取り壊したり、崩してできたクズ。

カラーHID
鮮やかなカラー光を放つ放電灯。オレンジタイプ・グリーンタイプ・ブルータイプの3色のカラーランプがあり、スキー場、イベント会場、ビル等の建物へのライトアップなど、照明演出できる。

カラーフィルター
光に色をつける時に使用する着色透過シート。耐熱性・安全性を考慮して一般照明用にはガラス素材を使用しているが、舞台照明用ではポリカラー、LEE、ROSCOと、3社の製品を使い色数も多い。

ガラス風アクリル
肉厚ガラスのもつ端面が青味がかった色合いを加えたアクリル。

空練り
コンクリートやモルタル、砂などの材料を、水を加えない状態で練り合わせます。

カリビアンファン
カリブ地方の内装形式にマッチするよう木目や籐などの材料を利用したシーリングファン。

簡易取付金具
簡単な工具(ドライバー等)で照明器具を取り付ける為の部材。

簡易取付け式
ドライバー等、簡単な工具で器具取付が可能な施工方式。

簡易ボルト
重量が重い器具を天井面へ固定する為の部材。コンクリートへアンカーを打つ必要がなく、天井材へ簡易に取付でできるタイプ。

間接光
壁、天井等に一度反射させてから、明るさをとる照明の手法。

間接照明
直接光源が見えないように遮へいし壁などに反射させた光を利用する手法。照度を得るには効率は悪いが優しくやわらかな表情演出に向いています。建築と一体化させて空間を広く見せる効果があります。

寒冷紗
日よけや霜よけに使う布で、布の織り方によって遮光率が変わります。木枠に張る、棒を立ててかける、ベランダに張るなどして使用します。

トピックス

コラム

リフォームは一般的には、近在の信用できる工務店を中心にした業者に内容を打ち合わせ、積算、見積もりをもらって工事を依頼することになると思います。基本的に一品物対応になるため部材の価格は比較的高めになってしまい、また、現物合わせの作業を精度良く行うために「職人の技」と呼ばれるような熟練作業が必要となりため、小規模な改装であっても意外に高くつくことも多いのが現状です。

例えばユニットバス取り付け工事では、ユニットバス自体は工業量産品のため価格は明瞭であるが、それを現物合わせで取り付ける作業は意外と手間取り作業費がかさむことも多くなります。熟練の大工さんなどの個人業者では、ユニットバス自体を定価で見積もりユニットバス販売である程度の利益を見込んでいるので、作業工数が予定をオーバーすることがあっても、きっちり仕事をして貰えることが多いのでしょう。

工事会社は、費用負担の最も多い設備機器等に利益を載せるケースが多いため、最近では施主が材料を安価で調達し、工事会社へ支給する「施主支給」というシステムを利用し施工するケースも増えてきています。

なお、住宅リフォームを行う場合、築年数やリフォーム業者、リフォーム内容など、条件によっては自治体から補助金が支給される場合があるのをご存知ですか?リフォームを検討している場合、自治体(市役所)に相談すると良いでしょう。