日本政策金融公庫の完全攻略レポート

日本政策金融公庫?なにそれ?
そう思われる方も多いかもしれません。

日本政策金融公庫は、2008年に国民生活金融公庫など4つの組織が合併して誕生した、
融資総額20兆円を超える巨大政府系金融機関です。

各都道府県に営業所を持ち、民間の金融機関が融資したがらない案件にも
積極的に貸出を行っています。

例えば

「新規開業者の融資」
「無担保・保証人なしの融資」
「貸出金額が少額で利息がほとんど取れない融資」

こんな案件を親身になって対応してくれる、心強い、事業者の味方なんです。

またしても、融資が通らなかった・・・

不動産投資をする上で数ある成功の中でも特に重要な秘訣は、
「高利回り物件の入手」「低金利の融資を受ける」ことであるのは間違いありません。

しかし、サブプライムローンに端を発した世界的な金融危機によって、
2008年から金融機関の貸出姿勢は急速に悪化。
これまで融資に積極的で、購入価格全額のフルローンを連発していた銀行でさえも、
現在では不動産向けの融資に門を閉ざしている状況です。

ここで敢えて説明しなくても、すでに何行にも断られてしまった方は多いことでしょう。

しかし、日本政策金融公庫は違います!

政策公庫は民間銀行のセーフティーネット的な役割を果たす目的で設立されており、
現在でもこれまでと変わることなく融資を続けているのです。

金利を軽視していませんか?

もしかしてあなたは、融資姿勢が厳しくなったから・・・と自分に言い訳をして、
金利は高めだけど、審査の基準が甘いというような銀行を検討しているかもしれません。

しかし、
低金利の融資を実現させることは、物件の利回りを上げることとキャッシュフロー上は同じです。


4.5%の変動金利(某地方銀行)と2.5%固定金利の政策公庫を比較してみると・・・

このように、累計返済額で300万円以上の差が出ます。

このアパートが15%の高利回りだったとしても、
10年間の累計で、約9ヶ月分の家賃が金利という形で支出されることになります。

利回りが低い場合は、1年分以上の家賃が金利に消える可能性だってあります。

「借りられさえすれば、どこでもいい」なんて考えていると、痛い目を見ることも・・・?

成功公庫は全期間固定の低金利
しかも融資の手数料や、繰上返済の違約金もゼロ!

アパート経営の成功をめざす大家さんにとって、利用しない手はありません。

詳細はコチラをクリック!

トピックス

コラム

リフォームは一般的には、近在の信用できる工務店を中心にした業者に内容を打ち合わせ、積算、見積もりをもらって工事を依頼することになると思います。基本的に一品物対応になるため部材の価格は比較的高めになってしまい、また、現物合わせの作業を精度良く行うために「職人の技」と呼ばれるような熟練作業が必要となりため、小規模な改装であっても意外に高くつくことも多いのが現状です。

例えばユニットバス取り付け工事では、ユニットバス自体は工業量産品のため価格は明瞭であるが、それを現物合わせで取り付ける作業は意外と手間取り作業費がかさむことも多くなります。熟練の大工さんなどの個人業者では、ユニットバス自体を定価で見積もりユニットバス販売である程度の利益を見込んでいるので、作業工数が予定をオーバーすることがあっても、きっちり仕事をして貰えることが多いのでしょう。

工事会社は、費用負担の最も多い設備機器等に利益を載せるケースが多いため、最近では施主が材料を安価で調達し、工事会社へ支給する「施主支給」というシステムを利用し施工するケースも増えてきています。

なお、住宅リフォームを行う場合、築年数やリフォーム業者、リフォーム内容など、条件によっては自治体から補助金が支給される場合があるのをご存知ですか?リフォームを検討している場合、自治体(市役所)に相談すると良いでしょう。